2017年03月18日

29年度・東大和市予算案で分かった3市共同廃プラ問題?

さて、2月18日のブログでは
【市民が主催: チェツクする3市共同資源物処理施設計画】の公開講座の開催を
お知らせしたが、このところ、この問題を取り上げる市民団体が増えてきている。

本日は『東大和まちの財政をまなぶ会』からの最新情報

東大和市 清掃費 29年度予算案を見て分かったこととして
桜ヶ丘の「資源ごみ暫定リサイクル施設」は使用中止する。と
約3900万円経費が減ることになるというもの。


上記の文面を補足させていただくと
この5月にも新たな廃プラ処理施設(正式名称:3市共同資源物処理施設)建設のため
桜ヶ丘の「資源ごみ暫定リサイクル施設」が解体され更地になる予定にともない
リースだった施設建物賃借料が不要になり、民間委託処理をしているプラスチップ類
以外に、ここで処理していたビン・缶などについて他の処理方法で処理したら
なんと3900万円経費が減るそうである。

h29_shi_no_seisouhi.jpg

大きな画面で、全2pをご覧いただくには ← ここをクリック

同会はこう疑問を投げかけている。


29年度も、市民のごみ、資源ごみの出し方は、変わらない。
今、法令違反等をしていることもない。

東大和市民としては、特別の大きな施設がなくても
よいことが分かった と言える?
加えて
新しく3市共同施設を26億円もかけて作ると、経費が減るどころか
今より増えるのではないだろうか?


市民の皆さんはこういったことをご存じだろうか。


web拍手 by FC2
    ↖コメントは受け付けておりません。賛同の意思表示をされたい方は拍手をどうぞ

posted by noriちゃん at 08:47| 東京 ☀| 東大和市議会&廃プラ問題チェック | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

公開講座*市民がチェックする3市廃プラ処理施設!(3市共同資源物処理施設)

3市共同資源物処理施設(以下、廃プラ施設)に関しての地域連絡協議会で
行政からこのような主旨の発言があった。

協議会に参加していない一般の方々は、あまり関心がない方が多いので、
この連絡協議会での議論の結果を、わざわざ、衛生組合の広報紙「えんとつ」や
東大和市報で知らせる事はしません
、衛生組合のホームページで協議会内容を
公開しているので、興味のある方は見ていただけると認識している。

この協議会では、協議会委員(近隣地域代表ら)の賛否や結果を採決で明確に
提示する事を行政側が禁止しているので、組合HPを見ても一目で分かるような
資料は提示されていない。

この建設計画について委員がした多くの疑問や問題点への質問・意見、
それに対しての行政側からのなげやりな回答は、多ページにわたる会議録をお読み
頂かなければわからない仕組みだ。

この協議会発足にあたり事前に開かれた準備会では、東大和市職員から
”どういうところで合意が出来ていないのかそう言ったことも含めて皆さんに
 情報として出していく”という回答があった。
3市市民のみなさんにこの建設計画の矛盾や問題点が提示出来ることを前提に
協議会参加を決めた団体もとってみれば、充分な詐欺行為である。

協議会の場では回答にもなっていない説明を繰り返し、市議会では
協議会の開催数だけを実績として答弁する行政に辟易する中、
この建設計画がおかしいと気づいた方々が、以下の公開講座を開催される。

ひとりでも多くの方に、この計画に根本的な疑問をもっていただきたいと思う。
_____________________________________________________________________________

公開講座のご案内   市政は自分事
市民が主催:
チェツクする3市共同資源物処理施設計画


開催日時 2月19日(日)10時~12時
  場所 中央公民館ホール
  

 平成28年11月小平・村山・大和衛生組合議会
(仮称)3市共同資源物処理施設整備費補正予算案

 賛成5、(小平選出議員4・武蔵村山選出議員1)     5vs5
 反対5、(東大和選出議員3・武蔵村山選出議員2)    議長採決
 棄権1、(武蔵村山選出議員1)

   賛否同数、議長判断により、
  関田貢議長(東大和選出議員)の賛成で可決

この議決って、なあに? 
総額25.9億円の事業 3市の市民の負担も増大!!!


ゴミは減少傾向・市の人口も減少していくのに、なぜなのだろう。

聞いて・考え・議論しよう !!

開催の趣旨(動機)

何故? 処理施設整備費補正予算案が、賛否同数・議長採決で可決されたのか?
総額25.9億円と大きな事業にも拘らず、この採決に驚き!!
なにが起きているのか?知りたいとの一念。
建設費の大半や長期にわたる運営経費は市民が負担することとなる故。 
我が身に係る事、他人事ではない。

当日の次第

1)小平・村山・大和衛生組合議会東大和派遣議員による現状報告  
2)参加者による意見交換

主催者:ひつまぶしの会(南街公民館利用グループ)
  市政を市民の目線で考える活動グループ   代表:栁下 進

web拍手 by FC2
    ↖コメントは受け付けておりません。賛同の意思表示をされたい方は拍手をどうぞ
posted by noriちゃん at 02:02| 東京 ☀| インフォメーション | 更新情報をチェックする