2017年02月05日

駆け足でシンガポール

「年に2回くらい来てくれればええ」、そう言って夫は赴任先へ。
さてさて、妻が訪問したらさぞや素晴らしい観光案内をして
いただけるはずだと、母をショートステイに預け最短日程で出かけた。
(シンガポール到着:土曜日1時頃、シンガポール出発:月曜日22時頃)

待っていたのは、雨期のシンガポールとすでに1年近く在住しているのに、
ゴルフ場しか知らない夫。この機会に地元観光しようと、スマホ片手の
にわか案内である。

ドレスコードのある場所には行かないとメール返信をもらっていたので
豪華な旅行は期待していないが、宿泊客でないとプールサイドに行けない
「マリナーベイサンズ」は展望台からの景色と、横目でプールをのぞくだけ。

2017_01_30_シンガポール1s.jpg

おなじみのマーライオン
2017_01_30_シンガポール1.jpg

マーライオン巡りでは、バスでマウントフェバーへ。
バス停からは登り道、15分だと言うがいっこうに着く気配がない。
そもそもその日のリクエストは”カジノ”だったので歩くための靴ではない。

マウントフェバーの小ぶりなマーライオン
2017_01_30_シンガポール_マーライオン_マウントフェーバー.jpg

「帰りはタクシーにして」と言えば、「じゃあロープウエイにすっか」って・・・
おらあ!!!登りがロープウエイだろ!!!!
しかも料金は1往復なら乗り降り可。

あちらではケーブルカーというようだ
2017_01_30_シンガポール_ロープーウェイ.jpg

かくして、珍道中はロープウエイでセントーサへ。

ロープウエイから観察するセントーサ島は大きなプール完備のホテルや、
様々はアトラクションで、島自体が大きな遊園地のよう。

セントーサのどでかいマーライオン
2017_01_30_シンガポール_マーライオン_セントーサ.jpg

ホテルとカジノだけで観光が事足りるんだろうなあ。
さて、観光メインとしたカジノは無料ドリンクに匹敵するくらい損失して
早々に退散したので省略。

シンガポールは淡路島ほどの面積の国だそうで、自国で生産しているものが
少ないので海外からの輸入品が多くなんにつけ物価が高いのだそうだ。

しかし、せっかく旅行に来たのだからドレスコードが無い店であれ
美味いもの食べたい。そんな期待には、夫はこたえてくれた。安い美味い!
「これ立川にも店あんねんで!」って! おらおら!!!ちゃうやろ!!

2017_01_30_シンガポール_ペッパーランチ.jpg

弟の赴任先へ旅行がしたいという義兄夫婦にはこう伝えよう。
ツアー観光が一番! 空いた時間に弟の住まいだけ見れば充分。

2017_01_30_シンガポール2.jpg

そして、泳ぐ時間があるなら水着をお持ち下さい。
ベランダのガラス越しに、「あらプールがあるのね」というと「あれは隣のや」
「うっとこのプールは反対側やで」とあなたの弟は答えるでしょうから。

web拍手 by FC2
    ↖コメントは受け付けておりません。賛同の意思表示をされたい方は拍手をどうぞ

posted by noriちゃん at 06:17| 東京 ☀| お出掛けアルバム | 更新情報をチェックする