2016年12月04日

さくら耳にゃんこ/東大和南公園

母とのお散歩コースのにゃんこ達
ボランティアさんが面倒を見ていらっしゃるのがわかる地域猫。
「さくら耳」ちゃん。
不妊手術をすませた猫さんのしるしです。

2016_12_03_東大和南公園_地域猫1.jpg

エサやりだけ無責任にするのではなく、
こういった活動をされている方ってすごいなあ。

南公園のにゃんこには、
ちゃんとお世話するボランティアの方が何人かおられるようです。
中途半端に手を出さず、わたしと母は、見守り専門。
にゃんこも、良く知ったもので、ボランティアさんだと顔をだしますが
私たちが通るとちゃんと道をよけてくれます。(--; 

おやおや、子猫が。

2016_12_03_東大和南公園_地域猫2.jpg

知り合いのボランティアさんに、子猫いたよと報告すると
どうしても捕まらない子が1匹いるとのこと。
不妊手術をするにしても、まず、捕まえることからかあ。

捕まえてみます?
いえいえ・・・・・地声が大きいので、遊びに行った友人の家の猫さえ
わたしが帰るまで顔を出しません。(T▽T)猫も好きなのになあ。

写真のにゃんこではありませんが、もらい手を探している子猫がいるそうです。
我とおもわん方は、ぜひ、ボランティアさんにご連絡を。
(※地域猫の一般質問をされていた床鍋市議からコンンタクト出来ると思います)

web拍手 by FC2
    ↖コメントは受け付けておりません。賛同の意思表示をされたい方は拍手をどうぞ

posted by noriちゃん at 01:51| 東京 ☀| 地元の紹介アルバム | 更新情報をチェックする