2015年03月04日

3市共同資源物(廃プラ)問題 東大和3月市議会

東大和3月市議会が始まっている。

傍聴やライブ映像を見るための情報として活用していただきたかったのだが、
なかなか時間がなく、タイムリーにブログをUP出来ずにもどかしい。

質問日の一週間後には、市役所ホームページ/議会で、録画がUPされるので
 是非、そちらをご覧いただきたい。  左斜め下 クリック
 http://smart.discussvision.net/smart/tenant/higashiyamato/WebView/

3市共同資源化事業/(廃プラ処理施設建設問題)の関連は次の通り

”施政方針に対する代表質問”(通告一覧表)

2月26日
<公明党> 中間健二議員
15.近隣市との効率的な広域連携を進めていく上で、3市共同資源事業等、
   民間でできることをあえて公設で行う必要はない。
   真に必要な事業に財源を充てていく方針を明確にすべきではないか

<共産党> 尾崎利一議員
5.行政手法について
  辺野古への新基地建設には、名護市長選、沖縄県知事選、総選挙と、反対の
  県民世論が再三にわたり示されたにもかかわらず、安倍首相は「唯一の解決策」と
  いって強行しようとしています。
  桜が丘への廃プラ施設建設について、当初、市長は周辺住民の理解を得ることが
  前提としていたにもかかわらず、周辺住民の理解を得ないまま建設計画を強行しようと
  するばかりか、それを自らの成果としています。「開かれた市政」と逆行する手法です。
  計画の実行を中断し、建設の是非にさかのぼって周辺住民と協議する場を持つべき
  ですが、市長の見解を伺います。

<やまとみどり> 床鍋義博議員
1.施政方針全体について
  市長が自ら財政の健全化を謳っており、新たな「ハコモノ」の建設には慎重に対応
  すべきだと考えます。 しかし現在民間委託している事業を、敢えて公設で行おうと
  する「3市共同資源物処理施設」建設に関しては、真逆の対応を取っております。
  建築費が高騰する中、今後市庁舎耐震工事や給食センター新築工事を始めとする
  既存施設の改築や新築のため、不要不急な計画は、凍結若しくは廃止を検討すべきと
  考えるが、市長の見解をうかがいます。

”一般質問”(一般質問通告書より)

2月27日 床鍋義博議員
1.ごみ行政について
  ① 3市共同資源化事業基本構想及び今後の予定について
  ② 焼却炉・不燃粗大ごみ処理施設の現状と今後について
  ③ リサイクルについての市の基本姿勢について

3月 4日 尾崎利一議員
4.廃プラ施設の建設強行について
  集辺住民の同意が得られないまま、廃プラ施設
  の建設は強行すべきではありません。現況と市の
  考えについて伺います。

尾崎利一議員の質問時間は今日の9:30~
(今朝、早くにこのブログを見ていただいた方であれば傍聴に間に合うかも!ダッシュ(走り出すさま)

演劇 一昨日もブログのUPあり えらいぞ わたし! 
web拍手 by FC2
    左斜め上コメントは受け付けておりません。賛同の意思表示をされたい方は拍手をどうぞ

posted by noriちゃん at 01:47| 東京 ☁| 東大和市議会&廃プラ問題チェック | 更新情報をチェックする