2014年09月19日

廃プラ施設建設問題、東大和市の議員全員協議会の傍聴

ただ今、母がショートステイ中。
こういう時でないとなかなかブログの更新が出来ない。
つまらない話題ばかりになり恐縮だが、3市共同の廃プラ処理施設問題のお話し。

9月市議会の初日、9月2日(火)の本会議終了後に行われた【議員全員協議会】の傍聴をした。

前回の6月市議会でも初日、本会議終了後、同協議会が開催され
『3市共同資源化事業基本構想(案)について』行政からの説明が行われたが、
今回は『3市共同資源化事業基本構想について』6月16日から7月15日まで募集されたパブリック
コメントをまとめ、基本構想(案)→基本構想と確定するという説明である。

以下は、私個人の傍聴メモなので、聞きモレ、聞き違いなどあると思うが、
今後、開催されるであろう市民説明会に先駆けて、議員の方々の基本構想への意見を概ねでは
あるが、ご報告する。

(会議録はいつ作成されるか存知あげないが作成後は議会義務局で誰でも閲覧出来る)

**************************************

【議員全員協議会・配付資料】

1.<一部反映・参考とした質問と回答>
2.基本構想(案)の修正内容
3.<パブリックコメント(質問・回答)の区分ごとの集計><一部反映・参考・その他の件数>
4.<パブリックコメント一覧(質問・回答)>の主な内容と回答一覧

http://sakurahillfriends.web.fc2.com/kaigiroku/list_260902_zeiinkyougikai.pdf

上記にUPしたのでご参照ください。(市役所3階市政情報コーナーで閲覧&コピーで出来るものです)

資料の3,4,2,1の順で説明する旨と、3.については組合などの解釈により区分がされたとの
前置きの後、ほぼ資料を読み上げた説明が行われた。

【説明後の質疑応答】

中間議員
3<パブリックコメント(質問・回答)の区分ごとの集計><一部反映・参考・その他の件数> については、
意見の合意を得て進めるとあるのにしていないことに憤りを感じる。 
一部反映と言っていながら結果的に結果的な修正は微々たるものでこのまま進めて行くと思えない。

・4.<パブリックコメント一覧(質問・回答)>の主な内容と回答一覧について、
 このような回答で理解を得ていると思わない。

・1p 事業の進め方 7番目「有料化などによるゴミ減量などの施策を先に講じるべき」については
 東大和市は有料化が進んでいる。”3市はこれまでごみ減量施策を推進しており”と回答にあるが
 2市は有料化をスタートしていない。

・2p 事業の進め方 10番目「ごみ焼却施設の更新を先にすべき」では
 焼却炉の更新を不明のままでは理解は得られない。

・3p 施設の必要性 4番目「3市共同資源物処理施設をこんな大規模構造にする必要があるのか」
 6品目から2品目にしたのにそれ以上の大きさ。

・4p 施設の立地 
 3市で(迷惑)施設の”応分”などの発言が出される中で、この回答ではだめ。

・7p その他 9番目
 費用の質問があるのに全くコスト比較なしでやることが許されるのか
 とにかく必要だからやると言うのは理解されない。

田口環境部長
・理解は得られてないと理解している。いろんな段階で市民に求められている情報を提供していく。
・ごみ有料化だけが(ゴミ減量)推進ではない。2市も(有料化)自治体で検討しているので、進んで
 いくのかな・・と思っている
・”焼却炉が先に”(ということ)ですが排出の順序で追っていく。
 今年度中に組合で(焼却炉の計画?)をつくる。
・3市共同資源物処理施設の規模は最大限環境対策をした中ででやった。確かに高さ的には8階に
 なっているが環境のため(必要な規模)
・施設の立地については
 ごみなどの施設がないと認識しているが、容リに限らず、他のゴミもも適切に(処理するため?)
 廃棄物行政の全般からこうなっている。
・費用の比較はある意味の必要性は感じている。3施設(焼却炉、不燃粗大、廃プラ)が一体に
 なった計画なので全部でやっていきたい。

中間議員
まったく不十分な回答。立地の東大和市として基本構想(案)から(案)が取れるような状況では
ないので東大和市として抜本的に見直しをして欲しい。

小島副市長
(案)が取れる(説明で・・・・聞き取れず)。 議論をたたき上げてつめたものだ。

尾崎利一議員
・(案)を取るという話だがその間、市長・副市長も理解を得ると言ってきた。理解が得られてないのに
 進めるのは今まで言ってきたこととくいちがう。

・基本構想(案)の作成にあたって、VOC、(近隣大型店舗を含めた)車両など、環境影響の基礎調査を
 作成すると(答弁で)言っているのにしてきていない

・コストの比較は、一切していないのか、したけれども出してないのか

田口環境部長
理解を得られていないについては努力していく。今後、実施計画、ごみ焼却炉(計画?)が出来上がったら
情報提供したい。

松本ごみ対策課長
(環境影響調査について?)昨年2月から広く説明をしてきた。
基本構想(案)業務委託の中で、環境面、ゴミ量の予測で車両については出てきた。
VOCは施設整備連絡協議会でやっていきたい。

田口環境部長
コストに比較については小平・村山・大和衛生組合から受けていない。

尾崎利一議員
市民が理解しようにも理解すべきことが示されていない。一般質問では様々な施設を含めた車両などを
すると言っている。VOCについても示されていない。市長に伺う、具体的にどういう資料を示すのか。

小島副市長
具体的な数値は(・・・聞き取れず)
協議の中で(・・・・聞き取れず)反映できるものは反映していきたい。

西川議員
理解されていないことは認識しているとしながら、”基本構想(案)”を作成、
で、理解していないから”(案)”を取って(基本構想で示す)、
で、わからないなら”実施計画”(で示す) では、市民をバカにしていると感じる。

パブリックコメント49人の反対と賛成はどういう数字になるか。

田口環境部長
パブリックコメントについては意思表示を求めていない。
(内容を読んでも)ニュアンス的にどちらか分からない。方向性としては反対が多い。

小島副市長
分からない(理解をしない)市民が悪いと思っていない、(・・・・聞き取れず)

**************************************
【感想】
<2.基本構想(案)の修正内容>は、この修正したものを”基本構想”にするというものだが
わずかにVOCの除去装置について説明を詳しく入れたと言うこと以外は、(案)における誤字の訂正程度。

昨年2月の説明会や、現在、想定地近隣の自治会・マンション管理組合の代表で構成する<3市共同資源
物処理施設整備地域連絡協議会>(以下・・廃プラの”地域連絡協議会”)での意見に対して”ご意見として
伺います”としてきたものをさすがにパブコメ採用が1つしかないでは体裁が悪いと、一部意見を
”参考とさせていただきます”としてみただけで、”ご意見として伺います”と大差はないことは今までの
やりようから明らかだ。

西川議員の言葉をお借りすれば、住民や市民の疑問に、基本構想(案)を作成すればお示しできる、基本構想
とすればお示しできる、実施計画でならお示しできる・・と、まともな回答をしないまま、次々とコマを進め、
しまいには、実物でならお示しできると言い出しかねない。

今後は3市市民への”基本構想”説明会が行われると思うが、それに先駆け、9月20日に開催される
廃プラの”地域連絡協議会”で3市長出席で説明が行われるので、お時間がある方はぜひ傍聴に
足をお運び願いたい。
web拍手 by FC2
    左斜め上 コメントは受け付けておりません。賛同の意思表示をされたい方は拍手をどうぞ
posted by noriちゃん at 03:10| 東京 ☁| 東大和市議会&廃プラ問題チェック | 更新情報をチェックする