2016年10月14日

3市廃プラ処理施設!建設費は予算の2~3倍!

3市廃プラ処理施設(正式名称=3市共同資源物処理施設)の
建設費が数倍にもなるという情報が飛び込んで来た。

東大和市議・尾崎利一議員が下記ブログに詳細を記載されている。
<尾崎りいち 東へ西へ
 廃プラ施設整備費用が予算額を大幅突破の見込み【小平・村山・大和衛生組合】>

       
     クリック

なんと、18億7920万円が30~40億円にふくれあがる見込みだという。

これだけでも、大幅増額であるが、行政側の目くらましに騙されてはいけない。

基本構想(案)では、
住宅地なので通常の1.2倍かかるという計算で
13億2000万円でしたよね。


それが、いつのまにか実施計画で18億7920万円。

今回の大幅増額の要因トップも、
住宅地ゆえの周辺環境へ対応する整備だ。


13億2000万円→18億7920万円→30~40億円
30億だとしても、2.3倍ちかくだ。

市民の税金でまかなわれる事業である。
【そもそも】なぜ、住宅が近い事、用地が狭い事で高額建設費が
見込まれるとわかりきった場所を選定したのか?が問われるべきだ。


豊洲市場の問題では【そもそも】という言葉が飛び交った。
なぜ、その様な場所を選択したのか。
その豊洲でさえ、候補地をあげての選択は行われている。

が・・・・

この3市廃プラ処理施設問題には、他の候補地さえ存在しない。
選定理由を何度うかがっても、決定当時の理由が明確にされず
長年の経緯の中でやってきた、分かりづらいが理解してくれと言うばかり。

平成25年1月以降から、用地の選定理由して行政が掲げている
「3市の中心で焼却施設が近い」と理由について、地域連絡協議会にて
正式に以下の質問をした。


『4団体が理由とする”3市の中間的位置にあり、焼却施設に近く
 連携が取りやすい”とする理由は確認出来ません。
 話し合われた会議録、資料をご提示ください。』

その回答
『会議録、資料の確認は出来ません。
 会議録はすべての会議で作成されて
 いるものではありません』


用地の選定理由という極めて大切な内容が会議録も作成されていない
場所で決まることなどあり得ないだろう。


こんな回答を出してくる行政の感覚は異常だ。

web拍手 by FC2
    ↖コメントは受け付けておりません。賛同の意思表示をされたい方は拍手をどうぞ

posted by noriちゃん at 17:19| 東京 ☀| 小村大和衛生組合&廃プラ問題 | 更新情報をチェックする